Costanzo Festa: Motetti

stellaceli on 2005.02.10 | stradivarius |

Festa: Motets

Costanzo Festa: Motetti
Cantica Symphonia
(stradivarius: STR33439)

フェスタの聖母マリアにちなんだモテットがメインのプログラム。ルイ12世の妻だったブルターニュ女公アンヌの死に当たって作曲されたとされる Quis dabit oculis nostris がメインか。痛切さをオブラートに包んだような優れた表現だ。

カンティカ・シンフォニアは、イタリア人が主体の混声と器楽のグループ。メンバーの何人かはデリツィエ・ムジケにも参加している。音楽監督がケース・ブッケということもあって、旋律を歌い込むというよりはアンサンブルの構成の美しさで聴かせるタイプのようだ。

全11曲のうち半分の6曲が声楽のみで演奏され、残りの5曲も声が前面に出ている。Antonio Abete はしっかりと安定したバス。彼が参加している声楽のみによる4曲は、いずれも荘重な雰囲気が漂う。特にQuis dabit oculis nostris は各パート1人。でも、強い主張はなく、声を溶け込ませることもなく、歌い手が風通しのよいアンサンブルの形成に貢献している。特にソプラノに押しつけがましくないのが高ポイント。

Domine non secundum peccata nostra
Angelus ad pastores ait
Sancta Maria succurri miseri
Ave nobilissima creatura
Lumen ad revelationem gentium
Surge amica mea
In illo tempore
O pulcherrima virgo
Ave regina caelorum
Alma redemptoris Mater
Quis dabit oculis nostris

Cantica Symphonia:
Elisa Franzetti, Roberta Giua, Laura Fabris (S)
Gianluigi Ghiringhelli (A)
Giuseppe Maletto (A/T)
Fabio Fùrnari (T)
Paolo Cucci (Br)
Antonio Abete (B)
Svetlana Fomina (fiddle)
Mauro Morini (tenor sackbut)
Kees Boeke & Giuseppe Maletto (dir.)

record: 1996 | release:
tag: