Costanzo Festa: Motetti vol.2

stellaceli on 2005.02.11 | stradivarius |

Festa: Mottetti

Costanzo Festa: Motetti vol.2
Cantica Symphonia
(stradivarius: STR33585)

イギリスのガウデアムスがイギリスやフランドルの音楽家のシリーズ録音によってコレクターの心をくすぐるように、イタリアのストラディヴァリウスもコレクターの心理を衝くシリーズ録音が増えている。イタリアにおけるフランドルの音楽家の実績を反映してルネサンスの音楽家のシリーズも充実。

カンティカ・シンフォニアによるフェスタのモテット集の2枚目。前作では落ち着いた歌いぶりが光ったバスのアントニオ・アベーテがダニエレ・カルノヴィッチに交代している。押しつけがましくない歌い手による風通しのよいアンサンブルは健在。新しく参加のカルノヴィッチはいい雰囲気を持ったバスで、抑制された歌いぶりでポリフォニーにもカデンツァにもよく適応する。積極性に欠ける場面もあるものの、楽器が入る曲では、いきいきとした表情が維持されている。

Florentia, tempus est poenitentiae
Regem regum Dominum
Jesu Nazarene
Extalabo te, Domine
Sub tuum praesiduum
Deus, venerunt gentes
Factus est repente
Video in hac crucis ara
Ave, virgo gratiosa
Vidi speciosam
Libera me, Domine

Cantica Symphonia:
Laura Fabris (S)
Giuseppe Maletto (A/T)
Fabio Fùrnari (T)
Marco Scavazza (Br)
Daniele Carnovich (B)
Svetlana Fomina, Elfix Puelo (viella)
Mauro Morini (tenor sackbut)
Kees Boeke & Giuseppe Maletto (dir.)

Coro:
Sveva Martin, Daniela Perlo, Anna Traversa (S)
Alberto Allegrezza, Davide longo, Fabrizio Longo (T)
Paolo Issoglio, Ermanno Lo Gatto (Br)

record: 2000-2001 | release:
tag: