Wolfgang Rihm: Astralis – Choral Works

2015.01.10 | classic+ |

Astralis & Other Choral Works

Wolfgang Rihm: Astralis – Choral Works
RIAS Kammerchor
(harmonia mundi: HMC902129)

新しい年がやってきた。だが、浮かれている暇はない。暗闇はなお深く、その暗闇を追い払う術はないのだ。

2年前に買ったヴォルフガング・リームの合唱曲集を取り出してみる。ジンガー・プーアが数曲を録音していた「7つの受難」の全曲を収録している。パート1人のヴォーカル・アンサンブルとRIAS室内合唱団とでは肌合いが異なるけど、趣きはやはりクールだ。

「7つの受難」というタイトルはいかにも説明不足。しかし、受難週のレスポンソリウムのテクストのうち7つに作曲して、ということをいちいち説明するとくどくなる。この「受難週のレスポンソリウムのテクストのうち7つ」は、テクストが異なるものの、プーランクの「テネブレ7つの応唱」と同じ構成なのが気になる。プーランク作品では少年が受難や死という運命について思い悩んでいた。リームも運命を思い悩んでいたのだろうか。

W.Rihm: 7 Passions-Texte
 Tristis est anima mea [Feria V Responsorium II]
 Ecce vidimus eum [Feria V Responsorium III]
 Velum templi scissum est [Feria VI Responsorium II]
 Tenebrae factae sunt [Feria VI Responsorium V]
 Caligaverunt oculi mei [Feria VI Responsorium IX]
 Recessit pastor noster [Sabbato Sancto Responsorium IV]
 Aestimatus sum [Sabbato Sancto Responsorium VIII]
W.Rihm: Astralis
W.Rihm: Fragmenta passionis

tag:

prev:
next: